ファスティングダイエットには 野菜ジュースそれとも青汁?

ファスティングダイエット(プチ断食)が今流行っています。
仕事がお休みの週末の2日間を使ってファスティングしている人もいるでしょう。2日間なら乗り切れるかもしれませが、断食の効果を最大限にひき出す方法が青汁にあるのでご紹介していきます

 

 

野菜を摂るために野菜ジュースを飲んでますか?

 

 

 

普段の生活や断食中で、野菜不足だなと感じて、野菜ジュースを飲んでいますか?手軽に飲めますし、コンビニでいつでも購入でき、飲みやすいですよね。体にもよさそうですものね。

 

 

 

しかし、野菜ジュースは加工されているため、ビタミンや食物繊維など必要な栄養素がかなり減っているといわれています。

 

 

 

また、飲みやすくするために砂糖などの甘みを添加していたりもします。そのため、よく成分を見てみると野菜だけの100%飲料というわけではなかったりします。これは、ジュースでもそうですよね。りんごジュースやオレンジジュースでも、見た目は100%のフレッシュジュースに見えても、実は果汁は10%とか記載されていたりします。

 

 

 

野菜を摂るために野菜ジュースを飲んでいたのに、実はカロリー高く、余分な糖分を摂っていたってことになりますよね。 ということは、せっかくダイエットしていても、痩せにくくなりますね

 

青汁で断食するのがおすすめ

 

 

 

野菜を摂りたいのであれば、やっぱり青汁が一番です。
大麦若葉や明日葉などの青菜を粉末にしていますので、そのままの栄養をとりいれることができます。
さらに、青汁の栄養は、ビタミンや食物繊維などですから、ダイエット時には必要な栄養素となります。

 

 

 

青汁が良いのはわかっても、飲みづらいというイメージがありますよね。
青臭くてまずそうだから、野菜ジュースを飲んでいたという人もいるでしょう。

 

 

 

しかし、今の青汁はとても飲みやすく作られています。
中でも、フルーツ青汁は青臭さがなくすっきりした味なので飲みやすい飲み物なんですよ。

 

 

 

しかも、1袋のカロリーは10キロカロリー程度です。

 

 

 

甘いとなると、砂糖が添加されているのではないか?と思うでしょうが、砂糖は入っていません。
その代わり、還元麦芽糖水飴が使われているのですが、これは、砂糖の40%以上のカロリーを抑えられており、しかも、デンプンからできているため、害はありません。

 

 

フルーツ青汁を断食に使う場合、朝・昼・晩の1食の食事を置き換えることで、摂取カロリーを抑えられるはずです。飲む方も水で割るだけでなく、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどアレンジが可能なので、飽きないで継続できるのも大きなメリットです。無理して野菜ジュースを飲むのであれば、フルーツ青汁で楽しみながら置き換えるのがいいのではないでしょうか。

 

たっぷりフルーツ青汁のレビューはコチラ