白黒つけよう!たっぷりフルーツ青汁は痩せる?痩せない?

最近、フルーツ青汁が注目を浴びています。多くのモデルや芸能人など、美意識の高い方々から支持されているので、ご存知の方は多いのではないでしょうか。激しい運動を長時間行うダイエットに比べて、フルーツ青汁や普通の青汁、酵素ドリンクなどのダイエットサポート飲料を用いたダイエットはお手軽に始められるイメージが有ります。

 

運動はもちろん、身体を動かすのも苦手という女性には嬉しいダイエット方法ですよね。しかし、お手軽な一方「本当にフルーツ青汁を飲むだけで痩せるのだろうか。」そんな疑問を抱いてしまいがちです。

 

 

HPや広告では、いかにも“何もしなくても飲むだけで簡単に痩せました”というイメージができますが「本当に?!」そう思ったことは有りませんか?

 

 

正直に言います。

 

 

ほとんどの人は、たっぷりフルーツ青汁を飲むだけでは痩せません。
それは、ただの青汁でも酵素ドリンクでも、どのダイエットサポート飲料でも同じです。

 

 

しかし、上手にフルーツ青汁を使用すると、効率の良いダイエットが可能になります。つまり、激しい運動や、極端な食事制限、肉体疲労、肌荒れの少ないダイエットを行うことが出来るのです。

 

 

この記事では、なぜフルーツ青汁がダイエットに効果的なのかをご紹介した後、フルーツ青汁でなるべく効果的に痩せるための方法についてご説明していきます。

 

ダイエットの基本

 

 

 

まずは、ダイエットの基本について簡単にご説明していきます。効果的なフルーツ青汁の方法だけを知りたい方は読み飛ばして頂いて構いません。しかし、どんなダイエット方法にも共通する基本的な内容ですので、お時間のある方はぜひお付き合いくださいませ。

 

 

 

私たちは毎日、食事によってエネルギーを身体の中に取り入れています。そして、仕事したり運動したりすることでエネルギーを消費します。さらに、意識することは出来ませんが、私たちの体内では常に心臓、胃腸、腎臓などの内臓が働いてくれています。

 

 

 

これらが消費するエネルギーを基礎代謝と言います。

 

 

 

これは、私たちの日々の運動量とは関係なく使われるエネルギーです。これらのエネルギーは、カロリーという単位で表示されていることが多いです。

 

 

 

活動による消費カロリーと基礎代謝によるカロリーを合わせた数値が合計の消費カロリーです。
この合計の消費カロリーが食事による摂取カロリーを上回れば、理論的には痩せていくはずです。

 

 

 

多くのダイエットは、消費カロリーを増やす、もしくは摂取カロリーを減らすものです。

 

 

 

摂取カロリーと消費カロリーの関係を考えると「一番簡単に痩せるのは運動して消費カロリーを増やすことでは?」と思いがちです。国もメタボ予防に運動を推奨しています。

 

 

 

ダイエットには運動が一番効果的で健康的というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

確かに、運動は健康の維持に効果的です。
しかし、ダイエットに効果的とは言えません。

 

 

 

実は、運動のみでダイエットを成功させるのは難しいのです。
その理由の1つ目が、運動は実はそれほどカロリーを消費しないからです。

 

 

 

 

たとえば30分のジョギングは300キロカロリーを消費します。
30分、座ってTVを見ていた時の消費カロリーが50キロカロリーです。

 

 

 

従って、運動の効果によって追加されたカロリーは250キロカロリーです。これは、ビスケット3〜4枚やビール大瓶1杯程度のエネルギーです。

 

 

 

そして、運動した後はお腹が減っていつもより多く食べてしまいがちです。さらに、人は運動するとそれ以外の活動であまり動かなくなる傾向がある、という研究もあります。

 

 

つまり
相当、運動が好きな人でなければ運動のみでダイエットを成功させるのは難しいのです。

 

上手くダイエットをするには

 

では、ダイエットを成功させるためには、食べる量を減らすしかないのでしょうか。多くの人にとって、その答えはイエスでしょう。ただし、単純に量を減らすだけでは不十分です。

 

 

 

食べる量と食べるものの種類を適切にコントロールすることで、効果的にダイエットを成功させることが出来ます。もちろん、極端に摂取カロリーを制限すると、それだけで体重は落ちます。

 

 

 

しかし、それに伴って、どんどん疲れやすくなり、お肌も荒れやすくなるでしょう。

 

 

 

『痩せた』と言うより『やつれた』状態になります。

 

 

 

その状態がさらに持続すると、貧血や栄養失調を引き起こします。私たちの身体には、1日に最低限必要なカロリーが存在すると共に、各成分にも必要な最低限の量が有ります。

 

 

 

たとえ1日に必要な摂取カロリーをクリアしていても、必要な栄養素が欠けてしまうと体調を崩しやすくなったり、体力が落ちたり、肌荒れを起こしやすくなったりしてしまいます。

 

 

 

特にビタミンやミネラルなど、特定の食品にしか含まれていない栄養素はダイエット中に不足してしまいがちです。

 

 

 

 

 

さて、運動だけでは効果的なダイエットとはいえない。
そして、食事量を減らすだけでは、身体に悪い。
というお話をしてきました。

 

 

 

 

では、一体どのように生活を変えればダイエットに成功するのでしょうか。
そのような発想で考えていくと、フルーツ青汁にたどり着くのです。

 

 

 

 

 

必要なことは、摂取カロリーを減らしながら、不足しがちな栄養素を補うことです。

 

 

 

では、ダイエット中に不足しがちな栄養素とはどのような栄養素でしょうか。先ほど少しご説明したとおり、特定の食品にしか含まれていない栄養素や、微量しか含まれていない栄養素です。

 

 

 

野菜不足になれば、ビタミンや食物繊維が滞りがちです。
また、日本の食生活の中では、亜鉛や鉄分、カルシウム、食物繊維も普段から不足しがちな栄養素と言えます。

 

 

 

 

これらの、各種栄養素を1つ1つサプリメントで飲むのは大変です。食事の度に何粒、何十粒ものサプリが必要になってしまいます。フルーツ青汁は、これらの不足しがちな栄養を網羅して取り入れています。

 

 

 

 

 

そして、私が飲んでいるたっぷりフルーツ青汁1杯のカロリーも11.70キロカロリーです。まさに、摂取カロリーを控えて栄養素を不足させない食品と言えますよね。

 

最後に

 

なぜ、フルーツ青汁がダイエットに適しているかをご説明してきました。
冒頭でお話した通り、ただ飲んでいるだけでは痩せることは出来ません。

 

 

 

確かに、フルーツ青汁は低カロリーです。
しかし、それ以外の食事でカロリーを摂取していては、痩せるはずはありません。1日の合計摂取カロリーを減らしていく必要があります。

 

 

特に抵抗なく1日の摂取カロリーを減らせる人は、後はエネルギーが不足しないように朝・昼・夜の食事前、もしくはおやつの時間など好きな時にフルーツ青汁を取り入れてください。

 

 

 

それだけで、効果的なダイエットスタイルが完成します。
しかし、多くの人にとって1日の摂取カロリーを減らすのは簡単なことではないですよね。

 

 

 

 

 

今までと同じ内容で食事の量だけ減らすと、満足感が下がって辛くなってしまいがちです。外食で食事量を減らすと、残してしまう事になり勿体ない気がします。

 

 

 

かと言って、満足感を低下させないために低カロリーのレシピを身に着けるのも手間です。

 

 

 

外食時のお店を、食事量が少ない店に限定してしまうのも面白味がありません。そのような理由から多くの人が利用している方法が、食事1食分をフルーツ青汁に置き換えるダイエットです。

 

 

フルーツ青汁置き換えダイエットは、朝食・昼食・夕食のいずれかをフルーツ青汁1杯に置き換えるダイエットです。そうすることによって、簡単に1日の合計摂取カロリーを減らすことができます。

 

>>めっちゃたっぷりフルーツ青汁のレビューはコチラ

 

 

定期縛りなし

限定初回680円から試せる