ビタミンEが豊富なフルーツ青汁で生活習慣病の予防をしよう

若返りたいって願望は女性にはありますよね。
いつまでもキレイに過ごしたいですもんね
「若返りのビタミン」と言われているのが、ビタミンEです。
では、ビタミンEにはどんな効果があるのか詳しく説明していきます。
また、どのように体内に取り入れると効果的かもご紹介していきます

 

ビタミンEってどんな効果があるの?

 

ビタミンEは、美容の化粧品成分でいうところの「トコフェロール」です。化粧品にトコフェロールが配合されているのには、抗酸化作用が高いからです。活性酸素によって肌内部のコラーゲンが破壊され、肌のハリが失われてしまうのです。

 

 

ビタミンEは、活性酸素を除去してくれるため、老化予防や炎症を起こしている肌には必要な栄養成分です。 ビタミンCやリコピンも活性酸素を除去してくれますが、酸化力の強い「ヒドロキシルラジカル」を除去するにはビタミンEが必要です。

 

 

ビタミンには活性酸素を除去・抗酸化作用・血行促進・ターンオーバーを促進

 

 

酸素が老化の原因である活性酸素に変わる!?

 

 

 

体は栄養を燃やすことでエネルギーにしますが、その過程で活性酸素が発生します。これは当たり前な事なのですが、体内にある脂質を酸化させてしまうことで、過酸化脂質というものに変わってしまいます。この過酸化脂質が、細胞を破壊し、老化や生活習慣病の原因の一つともなるんです。

 

 

 

ビタミンEは、脂質が過酸化脂質に変わるのを防ぐ働きをしてくれるので、女性にとっては特に取り入れておきたい栄養素の一つです。

 

 

赤血球膜も壊れやすくしてしまうのが、活性酸素です。そうなると溶血性貧血がおこりやすくなります。

 

肌を老化させない為にビタミンEとCを

 

 

ビタミンEが活性酸素を除去してくれるために美容には欠かせないのですが、ビタミンCも同時に摂取するとことをおすすめします。過酸化脂質がたくさんできえしまうと、ビタミンEだけでは対処できません。ビタミンCは、ビタミンEの働きを助けてくれるため、ビタミンCがあることでビタミンEは活性酸素を除去し続けることができます。

 

 

 

ビタミンEはどうやって取り入れるといいの?

 

 

 

ビタミンEが若く保つには必要と分かったけど、何を摂ればいいのでしょうか?

 

 

ビタミンEが多く含まれているおもな食材にアーモンドや落花生などのナッツ類があります。また、種などから採れた植物油にも含まれています。ただ、オイルは酸化しやすいため、過酸化脂質が怒ってしまい、逆効果になります!

 

 

 

では、ナッツやオイル以外に何がいいのでしょうか? 

 

 

 

そこで飲んでほしいのが青汁です。
青汁には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
ビタミンEと同時にビタミンCも配合されていますから、先ほど書いたように、同時に摂取することができます。

 

 

 

 

 

青汁のビタミンEは豊富ですが、青汁が飲みづらいという印象があると思います。でもジュースのように飲みやすい青汁というのがあり、それがフルーツ青汁なのです。

 

 

 

ナッツ類もいいけれど、食事や間食時に飲めるのがフルーツ青汁です。

 

 

ビタミンEで生活習慣病予防にもなるのに、フルーツ青汁がカロリーが高ければ意味がないですよね。 お肌も健康も、体型もキレイになれるのがフルーツ青汁です