フルーツ青汁で新陳代謝を上げる!体の中から乾燥肌の予防を

乾燥肌をなおしたくても、いつも冬場はホホに粉をふき、夏場でもクーラーなどで乾燥しやすくなっていませんか? スキンケアで保湿を念入りにしても、あまり変わらないし、めんどくさくて、なんか違う方法で乾燥肌を改善できないのかな?って思っているかもしれませんが、スキンケアで肌表面を潤わせる必要はもちろんありますが、体の内面からケアすることを考えてみましょう

 

 

そのスキンケアは本当に肌にあっていますか?

 

 

 

まず、今使ている基礎化粧品が肌にあったものを使ているか? 

 

 

 

これって、とっても大事なことなんです。 肌に合っているものを使えているのと、合わないものを使っているのでは、結果が全然違います。うるおいが足りなかったり、しみたりするけど、使い続けているってことないですか? 一度、見直してみてください。

 

 

内面ケアできていますか?

 

 

 

乾燥している肌の表面だけしかみていないのではないですか? 実は、肌って内面からのケアで変わってくるんです。

 

 

 

内面のケアってなに?って思うでしょうが、毎日行っている食生活にかかわってきます。規則正しい食生活を送れていますか? 自信をもって、食事はきちんとできている!という人は少ないと思います。

 

 

 

やはり、毎日、仕事が忙しく、さらに仕事の後の外食や飲酒で、カロリーもとても高いものをとってしまっていますよね。 野菜をとらないといけないって思っていても、どうもお肉メインの食事になっていることもあるでしょう。

 

 

 

もちろん、お肉も体には必要な栄養をもっていますが、やはり野菜をたくさんとる必要があります。

 

乾燥肌には何が必要なの?

 

 

 

まず、乾燥肌には、ビタミンAが必要です。新陳代謝をよくしてくれるため、肌細胞の生まれ変わりを促進してくれます。 肌細胞の生まれ変わりのことを、ターンオーバーといいますが、ターンオーバーは通常、28日間でのサイクルですが、年齢やストレス、生活環境で、40日間以上になることもあります。そうすると、きちんとした細胞が生成できないため、保水する力も弱まってしまいます。そのため、新陳代謝をよくしてくれるビタミンAが必要になってくるんです

 

乾燥肌を内面から改善するには?

 

では、何をすれば乾燥肌を改善することができるのか?ってことですが、野菜をとることをおすすめしたいので、青汁を飲むことでたくさんのビタミンAを取り入れやすいです。

 

 

 

毎日、外食で高カロリーのものを食べていると、野菜ってあまり食べていないと思います。そのため、青汁と聞くと、「うぇ〜、無理!」って思うでしょう。

 

 

 

しかし、今の青汁ってとても飲みやすく作られています。
そのため、青汁だけでも十分なのですが、人気なのはフルーツ青汁です。これが青汁と思えないくらいとてもジュースのように飲めます。

 

 

乾燥肌を改善するために、フルーツ青汁を飲んだのに、お肌がプルプルになったり、食物繊維のおかげで便秘が解消されて吹き出物もでにくくなったという声もあるんですよ